接骨院の頼れる味方|フランチャイズなら独立も夢じゃ無い|肩書は社長

フランチャイズなら独立も夢じゃ無い|肩書は社長

ウーマン

接骨院の頼れる味方

治療

開業手続きをサポート

柔道整復師は骨折や脱臼、捻挫、打撲などの治療を専門に手がけるスペシャリストです。その資格は業務独占資格として、法律によって保護されています。また、医師や歯科医師などと同様、開業権が認められています。柔道整復師が勤務、または経営する治療施設のことを、接骨院といいます。整骨院と呼ぶこともあります。接骨院は広さや設備等に係る基準が法令で定められています。開設に際しては、保健所に届け出て実地の確認を受ける必要があります。また、一部の治療については健康保険の給付の対象となりますが、その支払いを受けるためにはやはり官公署への届け出が必要となります。こうした各種の手続きをスムーズに行うには、専門家によるサポートが有益です。接骨師会に入会すれば、事前準備から開業後の施設運営に至るまで、さまざまな支援が得られます。

各種研修も充実

接骨師会は柔道整復師を会員とする職能団体で、入会は自由となっています。全国各地に複数の団体が設立されています。接骨師会に入会すれば、開業時に必要な手続きについてサポートしてもらえます。広告宣伝やホームページの開設などについてもアドバイスがもらえます。また、柔道整復師に係る健康保険の適用は現物給付ではなく、現金給付を立て替えて代理請求する受領委任払いという制度を採用していますが、接骨師会に入会すればこの手間が不要になります。というのも、それぞれの接骨師会が一括して代理請求を行う団体委任払いという制度を利用できるからです。その他、治療技術に関する研修や最新の治療機器の紹介といった、日々の業務に役立つ情報提供も行っています。